スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もこのこと

久しぶりに今日は犬のもこのこと
かれこれ2週間前になるだろうか・・・
もこは普段2階のリビングにいるのだが、リビングの隣は寝室だったりする。
襖で部屋が仕切られていて、いつもはたろうとviviは自由に出入りできる。
もこだけはトイレがちゃんとできないので、出入りはできない。
この日もリビングでフリーにしていたのだが、ひょんなことから寝室に入ったもこは、私のベットに上がり、布団の上でおしっこをしてしまった。
さすがに、これではいけないと徹底的にもこのトイレトレーニングを始めることにした。



サークル生活

とった方法は、獣医さんに教えてもらった、サークル生活。
1日のほとんどをサークルに入って、トイレを覚えるというもの。
もこはサークルの中ではちゃんとトイレで排泄する。
何日も繰り返して覚えさせるのだ。
サークル生活初日のもこ。
どよーんとしているのがわかる。



サークル生活

3日目のもこ
正直、サークルに入れっぱなしにしておくのは辛い。
つい負けそうになる。
しかし、ここで負けていてはいつまで経っても、トイレが覚えられない。
もこも人間も不自由な生活を強いられることになる。
ここは、毅然とした態度で挑むことにした。



遊ぶもこ

とはいえ、ちゃんと散歩には行っているし、少しだけ出してやったり、抱っこしたりしているのでご安心を。
頑張ってトイレ覚えようね!



カット前

もうひとつ気になっていたこと
足が短いからか、毛が長いからなのか、トイレをする時、毛にオシッコが付いたり、ウンチがお尻の毛をつたって落ちたりするのがどうも気になる。
避妊手術以後、毛がバサバサのモサモサになってしまったし、思い切ってカットすることにした。



カット後

どうかしら?スッキリしたでしょ?
リボンも付けてもらったよ。



艶々

体の毛はスムースのダックスよりは少し長め。
でも艶々になったでしょ?



vivi

今日のお昼にパンを食べていると、おねだりにきたvivi
吠えるでもなく、ただ終わるまでじーっとおすわりをして待っている。
なんて可愛いやつ。
ちなみに、1階へはviviしか降りてこない。
たろうは、2階のみでよっぽどのことがない限り降りてはこない。



今日の散歩

今日の散歩風景
雨上がりで足の短いもこはお留守番


スポンサーサイト

ケアハウスへ

先日、ウチのもこと2回目の動物介在活動に行ってきた。
今回おじゃましたのは、ケアハウス。



3_20110714173300.jpg

アオチャンの愛娘~ロッタ~
活動が始まってすぐに写真が撮られた。
その時のフラッシュにより、テンションめちゃ下がりのロッタ。
下の写真なんかは緊張で、いっぱいいっぱいの表情。
ロッタは雷がだいの苦手なんだそうな。
怖いもの知らずのロッタでも、やっぱり怖いものはあるんだね。
可愛いじゃないの(笑)



IMG_5068-1.jpg

美優ちゃん(マルチーズ)
箱入り娘のお嬢様(笑)



IMG_5088-1.jpg

ヒナタ(キャバリア)
ねぇちゃんに超超溺愛されてる(笑)



IMG_5078-1.jpg

レト(ゴールデンレトリーバー)
犬が相手だとハチャハチャだが、人には優しい(笑)



IMG_5112-1.jpg

マロンちゃん(キャバリア)
マロ眉がきりりと印象的。



1_20110714174829.jpg

もこ。
最初から最後までほとんど抱っこされていた。
普段はあまり抱っこしてやれないので、満足そうな表情。
よかったね~



2_20110714175605.jpg

以前は犬を飼っていたという方が何人もいらした。
この日を待ちわびていたと言われ、とても嬉しそう。
1時間弱の活動はあっという間に過ぎた。
「待ってるから、また来てよ~」と皆さんから言ってもらえた。
「また、来ますから!」と言って活動も終わった。



IMG_5126-1.jpg

活動後のヒナタ。
おつかれさん。

動物介在活動

『アニマルセラピーは、動物との触れ合いにより、その人に内在するストレスを軽減させたり、あるいは当人に自信を持たせたりといったことを通じて精神的な健康を回復させることができると考えられている。』


まだviviが子犬の時、しつけ方教室に通っていた獣医さんで、アニマルセラピーの活動をしていた。
正確には、動物介在活動と言うのだが、動物とのふれあいを通じた生活の質の向上を目的とする活動のことだ。
それより先に動物介在活動のことは知ってはいたが、実際に活動している団体に出会ったのは初めてだった。
今から6年前の話だ。
自分も飼い犬と参加したいと思っていた。
しかし、たろうは人嫌いだし、viviは人が怖い。
参加したいと思ってはいたが、実際は出来ないでいた。


その後、犬友アオチャンと知りあうこととなる。
聞けばアオチャンも動物介在活動をしているのだと言う。
しかし、ここでもやっぱり参加はできない。
1度だけ以前勤めていた絵草の看板犬をしていたバセットのパンツと一緒に、幼稚園での活動に参加したことがあった。
当時の様子はこちら⇒http://blog.livedoor.jp/exaekusa/archives/1189364.html
(このブログを探すのに結構時間がかかってしまった。フー)


さて、前置きはこの辺にして、今回とうとうウチのあの子が動物介在活動のデビューをしたのだ。
あの子とは言うまでもなく、もこだ。
もこはドッグランなどでも自分の飼い主そっちのけで、いろんな人を渡り歩くぐらいの、大の人好き。
他人に触られることが大好き、人にかまってもらう事が大好き。
まさにうってつけだ。
ではその時の様子を。



IMG_3989-1.jpg

やってきたのは市内のある施設。
外は土砂降りの雨。
この日は屋内での活動になった。


着くなり何人かの入所者さんが出迎えてくれた。
もこは『ウレション』をするので、パンツをはかせた。
また、抜け毛に配慮して洋服も着せていった。
紫のドット柄。
先日、お友達のペティさんで新調したものだ。



IMG_3993-1.jpg

IMG_3994-1.jpg

IMG_4000-1.jpg

一通り紹介が終わると、早速抱っこされるもこ。
ちょっと緊張はしている様子だが、大人しく抱かれていた。
活動自体は3,40分ぐらいだったが、集まっていただいた入所者さんのほぼ全員の方に触ってもらえた。



IMG_4004-1.jpg

慣れてくると、こんな光景も見られた。
前足を持たれ、踊らされるもこ。
ちょっともこの表情が硬いかな(笑)



IMG_3998-1.jpg

IMG_4009-1.jpg

この日の一番人気は、レト。
レトの周りには人の輪が出来ていた。
対犬ではハチャハチャとやんちゃなレトだが、とてもお利口さんだった。



IMG_3986-1.jpg

モカくん。



IMG_4003-1.jpg

マロンちゃん。
この2匹はもう慣れたものだね。
余裕の表情だった。


後、アオチャン家のロッタもいたが、写真まったくなく・・・
ロッタ、すまん。
ロッタもちゃんと、貫録ありで活動していた(笑)


この活動は犬にとっては仕事と言えるのかどうかはわからないが、もともと人が好きなため、それほどストレスもないのではと思う。
ただ、この日が初めてだったもこは、疲れたらしく、家に帰ってからはうとうとと寝ていた。
でも慣れれば大丈夫だと思う。


活動も終わりになり、帰り際には「また来てね~」の言葉を何人もの方からもらった。
犬と触れあっている入所者さんは、笑顔の方が多かった。
また次回も、もこと参加したいと思ったのだった。

あたし大人になりました!

今日はもこのこと。
写真もないのでささっと短めで。


IMG_3207-1.jpg
タイトルにあるように、もこに初ヒートがきた。
丁度獣医さんに行く前日に気付いたのだが、もう1週間以上になるので間違いない。
うーん、人間の場合お赤飯でも炊いて、おめでとう!となるのだが、犬の場合はどうなのかw

人間の立場から言うと、このヒート、、、実に面倒くさいw
我が家で初めての♀なため、私も初めての経験。
サークル内ではそのままにしているが、リビングにフリーにする時は、パンツをはかせる。
結果、サークル内の掃除が欠かせない。


IMG_3206-1.jpg
もこ自身はどうなのだろう。
散歩には連れて行ってもらえず、パンツもはかされる。
なんか、寝てばかりなんだよね。
獣医さん曰く、「人間の生理と同じだよ。」
ならば、ストレスだなぁ。
後2週間ほどか・・・


他には、たろうの匂い嗅ぎがしつこい。
いつまででも、もこの匂いを嗅いでいる。
まぁ、たろうもviviも去勢しているので、妊娠の心配はないのだが。

たろうはまだ子犬の時に、訓練士さんに、「この子は♂の性質が強いので、去勢した方がいいです。」と言われたことがあるくらいだ。
成長してみると全くその通りになった。
♂犬に喧嘩を売る。買う。
マーキングに匂い取り。

そして、たろうがもこに近づくと、viviがたろうに吠えたてる。
ワンワン!ワンワン!とこれまたたろうが止めるまで、いつまででも・・・
あぁ、もう!うるさい!!
たろうはボスではないんかい?
ほんとはボスであるたろうに対してそんなことができるはずがないのだ。

そして獣医さんによると、もこもキャラが変わってきているらしい。
多頭飼いにはよくあることなのだが、人間の言う事は聞かない。
犬たちだけで上手くやろうとする。
つまり、人間のほうも犬たちまかせにして、しつけなど手をかけない。

あぁ、おっしゃる通りだ。
たろうのボスはもちろん完全に私。
これは自信がある。
また、いずれ書くがたろうは足かけ2年ほど、先の訓練士さんについてしつけ方を教わった。
コマンドもきく。

ところが、viviはもともと大人しい性格であるため、たろうに任せたところがある。
そして、今またもこも・・・

獣医さんに言われたひとこと。
「人間がボスにならないと。」
今ちょっと考えさせられている。


おっと、短めのつもりが・・・
とにかく、もこは大人になったのだった。

もこの成長記録 7 (ダックス(屮゚Д゚)屮カモォォォン)

もこは半分ダックスである。
お父さんがカニンヘンダックス。
お母さんがマルチーズとパピヨンのMIX。


017-1_20110401210922.jpg
見た目はほとんどダックス。
そんなもこ、だんだんと見た目以外もダックス化してきた。


014-1_20110401211056.jpg
向こうに柴犬発見!


015-1_20110401211056.jpg
威嚇するviviと、前に乗り出し「わん!わん!」と吠えるもこ。
「わん!わん!・・・わん!わん!わん!」
吠える・・・
たろうとviviが一緒だと強気だ。

散歩していても向こうから人が歩いてくると、「わん!わん!」
とりあえず吠える・・・
で、近づいてくると尻尾ふりふりでかまってアピール。
なら、吠えるなよ・・・


022-1_20110401211828.jpg
そして、viviにも変化が・・・
元々viviは仲間意識が強い犬だ。
最近、もこのことを仲間だと認めたようで、もこを守るようになってきた。


027-1_20110401212225.jpg
それがちょっと度が過ぎるようで、ドッグランでは喧嘩腰になってきたのだ。
先日も柴犬がドッグランに入ってくるなり、ガウガウと襲っていった。
咬まないけれども、マズイよね・・・


034-1_20110401212655.jpg
こちらは、たろうとviviには顔なじみのななちゃん。
たろうもviviも友好的に挨拶しようとしているのに、もこは一人、「ぎゃん!ぎゃん!」吠える。
たろうとviviがいればあくまでも強気なのだ。


032-1_20110401213027.jpg
でもね、もこだけだと、低姿勢でひっくり返り、すぐにお腹をみせるのよ( ´,_ゝ`)プッ


043-1_20110401214405.jpg
ダックスは元々猟犬であり、大きな声でよく吠える。
もこもそんなダックスの性質を持ち合わせているようだ。
ま、よく吠えるのは覚悟のうえさ。


064-1_20110401214405.jpg
さて、そろそろ帰ろうかね。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。